剪定・植栽

“樹木本来の特性を活かした剪定”“季節を感じられるような植栽”
いつまでもお庭を楽しんでいただくためには、どちらも重要なことです。

木は定期的に剪定・手入れすることで、自然のままの時よりも美しく健康に育ちます。
植栽は、施工する地域の気候や土地の様子、お客様のご要望などを考慮し、多種多様な植物の特色を活かすことが大切です。

私たちが季節ごとに衣服を変えるように、庭木も季節ごとにお手入れをしてあげましょう。

・剪定

半日・1人の職人 ¥9,500(税別)(ごみの処分は別途料金かかります)

 

季節の剪定

○ 春
樹木は平均気温が5度を超えると、新たな芽を出します。
花が咲いたら枯れるまで待つのではなく、早めに剪定するのがポイント。
美しい時に剪定をすることで、次の季節も美しい花を咲かせます。

○ 夏
夏は枝葉が伸びやすく、繁茂することで害虫が発生しやすくなります。
伸びすぎて繁茂しすぎた枝葉をスッキリ剪定すれば、花芽がつく健康的な樹木に戻せます。

○ 秋
徐々に気温が下がり始め、剪定の時期も繊細なものになります。
寒暖の差で人が体調を崩しやすくなるように、樹木も急に剪定をすると弱ってしまうのです。

○ 冬
冬は樹木も冬眠に入る時期。
春を迎える前に樹木本来の姿に戻るように、不要な枝葉を剪定いたします。

住まいを引き立てる植栽

○ 植栽の種類
□ 常緑樹:1年中緑の葉を楽しめる植栽
□ 落葉樹:秋冬になると葉が落ちる植栽
□ 針葉樹:葉が針のような形をした植栽(松・杉・ヒノキなどが当てはまります)
□ 広葉樹:葉が広く平たい形をした植栽(桜・ケヤキ・ブナなどが当てはまります)

○ 植栽の選び方
□ シンボルツリー:落葉樹がオススメ
□ テラスまわり:落葉樹がオススメ
□ 目隠し:常緑樹がオススメ
□ 生垣:低木がオススメ

一覧ページに戻る